野菜サプリおすすめランキング〜野菜不足の解消にこれ〜

野菜不足におすすめサプリ!

野菜不足の強い味方、野菜サプリ。いろいろなメーカーから、いろいろな種類のサプリが発売されています。そのなかでも選んで欲しいのは、野菜+αのサプリ。野菜の栄養素はもちろん、+αのもう少し欲しい栄養成分を補うことができます。

 

クロレラ、スピルリナ、ミドリムシ、DHA&EPA、酵素、といった栄養成分がおすすめ。当サイトでは、おすすめ成分が配合された野菜サプリをランキングにてご紹介しています。野菜は苦手、外食が多い、お料理は苦手で…、という方はぜひ!

 

ステラの贅沢青汁の特徴

吸収性に優れたクロレラで濃い栄養が摂れる野菜サプリです。無農薬の九州産ケールと与那国産長命草をつかった青汁をギュッと凝縮して粒にしています。そのまま飲むには苦い青汁も、粒タイプだから大丈夫!さらに6大栄養素が摂れるクロレラをプラス。1日めやす3粒。ビタミン、ミネラル、葉緑素、食物繊維、アミノ酸がこれ1つで摂れます。素材は全て無農薬、賦形剤不使用なので、子どもから年配の方まで安心。WEB限定の特別キャンペーンはこちらからどうぞ。

価格 980円
評価 評価5
備考 青汁を粒状に 6大栄養素が摂れるクロレラ

 

元気セブンの特徴

野菜不足で気になる栄養バランスを解決するサプリです。栄養の偏りに気をつけていても、なにかしら不足するものです。何が足りないのか分からないという方におすすめなのが、30種類の栄養素を手軽に補給できるこちら。1日1袋。ビタミンはもちろん、亜鉛やカルシウムなどのミネラル、DHA&EPAや卵黄コリンなども配合されています。食品メーカーキューピーの研究を活かしたサプリです。お得で便利な定期購入は、初回半額。

価格 3,591円
評価 評価4
備考 30種類の栄養素を手軽に補給

 

みどり酵素の特徴

植物と動物、両方の性質をもつミドリムシを使ったサプリです。59種もの栄養素をもつミドリムシに、85種もの植物を使った酵素(植物発酵エキス)をプラス。注目の食材をギュッと濃縮しています。さらに乳酸期とエサとなるフラクトオリゴも一緒に配合。1日めやす2粒なので、粒が苦手な人にもおすすめ。着色料や香料、保存料など完全無添加なので安心です。約15日間のお試しセットあり。

価格 980円
評価 評価3
備考 59種の栄養素ミドリムシ 85種の植物を使った酵素

 

小林製薬 野菜粒の特徴

普段の食生活では不足しがちな野菜を手軽に補給できるサプリです。健康成分やアミノ酸が豊富。ニンジン、タマネギ、カボチャ、ケールや大麦若葉、など18種類の野菜を凝縮し、現代人の栄養バランスを応援。ビタミン、ミネラル、食物繊維などがしっかり摂れます。1日めやす5粒。お得な定期お届け便でお得にも。

価格 654円
評価 評価2
備考 18種類の野菜を凝縮

 

健美の極みの特徴

スピルリナで野菜不足を解消するサプリです。70種類以上の豊富な栄養を含むスピルリナを採用しています。吸収のよいスピルリナでしっかり栄養が摂れます。さらにビタミンCとDHA&EPAで栄養を、プラセンタなどで美容を、乳酸菌とオリゴ糖で整腸作用をプラス。1日めやす5粒で、ビタミンとミネラル、食物繊維も。香料・着色料・保存料は無添加。WEB限定のモニターキャンペーンあり。

価格 0円
評価 評価1
備考 70種類以上の豊富な栄養を含むスピルリナ

 

現代人に増える野菜不足

 

 

 

野菜に含まれる栄養は人間が生きる上で必要不可欠なものばかりで、体の好不調を左右する大きな要因になっています。しかしながら、日本人の多くは野菜不足と言われていて、実際不調を訴える人も年々増えています。

 

貧血の人が多いのも、便秘の人が増えているのも、がんに悩む人が増えているのも、生活習慣病もメタボも、みんな野菜不足からと言ってもよいほどに野菜不足の影響は大きいです。野菜の摂取量は目安が一日に350gと言われていますが、これは生野菜で両手に山盛り一杯分くらいの分量になります。

 

ただこの分量を食べるということも大事ですが、緑黄色野菜と淡色野菜をバランスよく食べることが大事です。バランスで言えばこの二種類の野菜が約1:2になるように食べるのが良いでしょう。

 

若い人ほど野菜不足が深刻で、特に働き盛りである20〜40代の野菜不足は深刻と言われています。この時期に作った体質で壮年、老年を過ごすことになることを考えると、これは非常に由々しき問題です。

 

また10代でも野菜不足がどんどん広まっていると言います。健康知識が多くなって野菜の重要性は叫ばれているものの、経済的な問題で野菜が高くて消費量が減っていたり、また加工食品が増えたこと、塾通いなどで夕食を外食や弁当で済ませる子供も増えてきており、野菜不足を引き起こしていると言います。学校給食のほかにはほとんど野菜や果物を食べないという子も多く、今後の統計でも影響が心配されます。

 

野菜を一度に食べようとするとすごい量を食べることになり、野菜が特別好きでない人には多少の負担感があることは否めません。ですから朝昼夜としっかり三食に分けてバランスよく摂取することが、しっかり野菜を食べるためには有効です。

 

一日の野菜の量は350g

 

 

 

野菜が体に良いというのは多くの情報がありますし、実際毎日食べている人が多いのですが、どのくらいの野菜を食べる必要があるのでしょうか。1日の野菜の目安摂取量は350g以上だとされています。野菜を毎日食べていたとしても、これを下回るようなら野菜不足となるのです。

 

これは人間が一日に摂取する栄養素で、野菜から摂取するべき分を考慮して計算された目標数値で絶対的なものではありませんが、これを下回る状態が続くほど何かの不調症状が出る可能性が高まります。野菜なら何でも350g食べれば良いということにはなりませんが、できるだけ栄養素の豊富な野菜を食べることや野菜の種類を食べることが健康上は大事です。

 

野菜がカバーしている栄養素の範囲というのは非常に広く、一種類の野菜だけでは不足してしまいますし、バランスを保つためにも一定量の野菜を摂取する必要があります。食物繊維やビタミン、ミネラル、酵素など多くの成分が体の機能を正常に働かせるために大切で、それらが野菜に詰まっているのです。

 

野菜ジュースなどもありますが、あくまで数種類の野菜をミックスして作っているもので、種類やカバーできる栄養素の範囲は限られています。ですから一日分の野菜が摂取できると言いますが、あくまで野菜の量の話であり、質の部分では不十分だという認識が必要です。表面的に野菜の摂取量を増やすのではなく、どうして野菜を多く食べるべきなのかを考えて、しっかり野菜摂取量を増やすようにしましょう。

 

食の欧米化が生活習慣病の原因?

 

 

 

日本人に糖尿病が多いことはもはや一般常識となっていますが、今の日本人は潜在的には4人に1人は糖尿病があると言われています。どれだけ医療が進んでも、病院が増えても、医師が増えても、糖尿病の患者は増えています。これは医学の問題ではなく生活の問題です。

 

糖尿病は血液中の糖分が高い状態になっているもので、これが続くことによって体の多くの機能に悪影響が生じるようになります。血管にトラブルが生じた場合には、重大な事態になることも少なくありません。血糖は普通は体の働きによって一定に保たれますが、この機能が正常に働かなくなることによって糖尿病を生じるようになります。

 

生活習慣上、運動不足や野菜不足などの傾向がある人は特に注意が必要です。運動不足は糖質の代謝能力を衰えさせてしまいます。野菜は体の代謝などの機能を維持・促進するだけでなく、余分な糖質や脂質を排泄させる機能も持っています。糖尿病の患者の中には、普段野菜の摂取が不足している人も非常に多く、その関係が注目されています。

 

食の欧米化によって摂取カロリーは大きく向上し、一方で摂取する野菜の量は大きく減りました。日本人は歴史上なかった高カロリーの生活を現在しています。昔から多くの野菜を食べて低カロリーで生きてきた日本人にとっては、体がついていかないのはムリもないことです。怖い糖尿病を予防するためにも、普段からしっかり野菜を食べて血糖値が高くなるのを防ぎましょう

 

野菜を使った自炊のコツ

 

 

 

春は新生活のシーズンですが、ここから一人暮らしを始めるという人も多いのではないでしょうか。一人暮らしになると自炊を始める人も多くなると思いますが、自炊で野菜をしっかり食べるコツをいくつかまとめてみました。

 

まず大事なことは常備するべき野菜を決めておくことです。野菜は新鮮なものが一番ですが、保存が利く野菜もありますし、野菜を食べるたびに購入するのは非常に面倒です。ジャガイモやニンジン、大根のように皮が完全に周囲を覆っているものは保存が利きます。逆にキャベツなどの葉野菜は、すぐに劣化するので保存には向きません。

 

そして枝豆やブロッコリーなどの冷凍野菜を準備しておくと使いやすくて便利です。冷凍の野菜は栄養の劣化が少ない種類の品種が選ばれていることが多いですし、冷凍の技術が進歩しているので保存料などを使っていないものも多く、安全面でも心配がありません。

 

また青ネギなどの野菜は刻んで保存しておくと場所も取りませんし、必要な時にはすぐに取り出して使うことができるので便利です。それほど多くなければ、キャベツやニンジンなども刻んでおいて2日くらいで使い切ってしまえば、スープや炒め物などに大活躍してくれます。

 

漬け物なども慣れてしまえばすぐに準備できますし、手軽におかずの一品として使えるのでおすすめです。野菜を上手に使うには慣れも必要ですが、ポイントをしっかり押さえておけば効率的に野菜を利用することは難しくありません。ぜひ野菜を多く食べる自炊生活に挑戦してみてくださいね。

 

お弁当に野菜を取り入れるコツ

 

 

 

お弁当というのはなかなか難しいもので、彩りのためにも健康のためにも野菜を入れていきたいものの、食事のタイミングでは鮮度が失われていたり、水分が出るためになかなか使いにくいという人も多いですよね。

 

うまくお弁当に野菜を入れるコツは、茹でたりするよりも蒸して作ることです。蒸して作ると水分が流出したりしにくく、そのために栄養も失いにくくなります。一度蒸しておいたものは冷凍すると保存も利きますので再利用にも便利です。蒸した野菜は色も鮮やかになるものが多いので、うまく活用したいですね。

 

茹でた野菜ではお弁当箱のスペースもかなり埋めてくれるので重宝しますが、一方で風味が単調になりがちです。そういう場合のために、ソースやディップを工夫して沿えておくと良いでしょう。意外にお味噌なんかそのままでも美味しかったりしますね。

 

フードコンテナという魔法瓶の弁当箱バージョンのようなものも今は出ているのですが、これを利用するとお昼ごはんのお弁当も熱々になって美味しく頂くことができますよ。

 

お弁当にお野菜を入れるのが難しいと思っている人は、ぜひ蒸した野菜を中心に利用してみてください。きっとお弁当づくりでハードルになっていた部分が解消されていくと思います。蒸すのは時間がかかりますから、できるだけ時間のある時に下準備をしておいて、お弁当を作る時にはパパッと蒸すだけで良い状態にしておくと良いでしょう。市販のお弁当を買ったり外食するよりもずっと健康的ですから、ぜひ試してみてください。

 

野菜は年間を通し増やしたい

 

 

 

野菜というのは季節に左右されるもので、季節が変われば大きさも栄養価も価格も大きく変わってきます。その中でも季節を問わず店頭に並んでいて入手しやすい食材は非常に頼りになるもの。そういった食材を上手く利用できることは野菜を摂取するために非常に大切なことです。

 

季節を問わず入手できる野菜として思い浮かぶのは、ニンジンやたまねぎ、ピーマン、キャベツ、ジャガイモなどの定番どころではないでしょうか。こういった食材はもちろん旬があり季節がありますが、世界中から仕入れたり大規模なハウス栽培をすることによって安定した収穫量をキープしてくれるので、大きく値段が変わることは少ないです。

 

また調理もしやすい野菜たちなので、食卓では様々なバリエーションが楽しめるのが良いですね。野菜料理を覚えるならまずはこういった食材を使った料理を覚えるのが良いかもしれません。

 

年中簡単に手に入るという意味では冷凍野菜もオススメです。新鮮な野菜ではないと思うかもしれませんが、旬の野菜をすぐに冷凍しているため、新鮮な状態と実はあまり変わらないと言われています。もちろん解凍したらすぐに食べた方が良いのは間違いありませんが、年間を通して旬の状態に近い野菜が食べられるという点では非常に重宝します。最近は種類も増えていますし、低コストで非常に使いやすくなっています。

 

野菜の料理の中で大事なことは、素材の味をしっかり引き出すことです。素材の味が出てこないと、結局調味料が多くなりカロリー過多や塩分過多の原因になってしまいます。野菜の多くは加熱することによって風味がより出てきますので、蒸したり茹でたりして食べるのが量も食べられておすすめです。